安定的な収入が得られるリートとは【証券会社選びが重要】

国債の購入

PC操作

銀行へ預金をすれば金額や期間に応じて金利分の利息が上乗せされますが、投資として殆ど魅力はないものです。そんな現状の中、投資目的でお金を運用する方法として、注目されているのが国債です。 国債とは国が発行する債券であり、一定期間経過すると金利分の利息付きで償還されます。銀行預金よりも金利が高く、国が破綻しなければ債権が紙切れになる恐れがなく、リスクが比較的低い投資として人気を集めています。 株式とは違って元本が保証されていることから、元本割れのリスクを恐れる必要がありませんが、償還期限前に現金化すると、元本割れを起こす可能性があるため、取り扱いには慎重になりたいものです。 基本的に通貨の信用度が高い国の債権ほど、金利が低く設定されています。

国債の購入には、主に2種類の方法が用意されています。一つ目が「新窓販国債」と呼ばれるものです。個人投資家の他、団体や法人名義でも購入が可能です。毎月1回発行されるもので、満期は3年、5年、10年で、5万円以上から5万円単位で購入できます。 もう一つが「個人向け国債」です。満期は新窓販国債と同じですが、1万円以上、1万円単位で購入できるため、資金の少ない人でも投資がしやすくなっています。さらに発行されてから1年が経過すれば、中途換金ができるのが魅力です。元金が必ず手元に戻ってくるため、急にまとまったお金が必要になった時などに便利です。 但し、中途換金ができる分だけ、新窓販国債よりも金利が低く設定されることがよくあります。